≫あなたは大丈夫?結婚式の足元マナー講座はコチラから


≫2次会・パーティー用パンプスはコチラから






























































結婚式にお呼ばれした時、ドレスや髪型に気を取られて足元のマナー、忘れてませんか?
結婚式に履いていく靴にも、守っておくべきマナーがあります。
せっかくオシャレなドレスに身を包んでも、ちょっとした勘違いで
恥をかいてしまったり、大切な人に残念な思いをしてもらいたくはないですよね。

そこで今回は、結婚式で女性ゲストが覚えておくべき『靴選びのマナー』をご紹介!



結婚式ではパンプス+ベージュストッキングが基本

フォーマルな結婚式では、一般的にパンプスが正装とされています。
5cm以上ヒールがあったほうが足が綺麗に見えてあるものが好ましいですが、
妊婦さんやヒールが苦手な方は、無理せずヒールの低いものを選びましょう。
無理をしてもかえって心配をかけてしまったり、転んでしまう可能性があります。
生足は基本NGで、ベージュのストッキングを着用しましょう。
カラータイツや網タイツ、派手な柄の入ったストッキングなどもNGとなります。




露出の多い靴やブーツはNG

足の指や甲の露出が多いサンダル・ミュール・オープントゥなどは
カジュアルに見えてしまい、フォーマルな結婚式の場ではふさわしくありません。
ブーツは一般的にとてもカジュアルなものです。フォーマルな服装に合わせるのはやめましょう。



色は1色、素材は柄物にだけ注意。

色は花嫁さんの白はNG。またバイカラー(2色使い)も避けましょう。
それ以外の色なら、基本的に何を選んでも大丈夫です。
素材は特に決まりはなく、艶があり華やかなエナメル、光沢のあるサテンなどが人気です。
殺生を連想させるので、ファーをあしらったもの、ヘビ柄やヒョウ柄といった動物柄は避けましょう。



いかがでしたか?結婚式の足元のマナー、意外と知らない方も多いみたいです。
最近では気にされない方も多くなっているようですが
大切な人の結婚式、出来るだけ失礼のないようにしたいですよね。
どうしても心配な方は、一緒に参列されるご友人や、新郎新婦に相談してみるのもいいかもしれません。











結婚式以外の二次会やパーティーに出席する際のコーディネートは。
素材やデザインがカジュアルでも、マナー違反にあたりません。
オープントゥやファー素材など好みの靴をコーデに取り入れて下さい。